無線赤十字奉仕団とは

無線赤十字奉仕団は日本赤十字社の特殊奉仕団に分類され、災害発生時における通信確保や情報収集の活動にあたります。
そのため、毎年各種防災訓練に参加し、万が一の事態に備えています。
また、道内各地の赤十字イベントにおいて無線通信のデモを行い、無線の意義や目的を普及しています。

今年度の活動予定

平成29年4月
定期総会 第1回役員会
平成29年度日本赤十字社函館市地区委員会出席 4月14日
北海道無線赤十字奉仕団協議会総会出席 15日~16日 札幌市
平成29年5月
赤十字フェスティバル ライトアップ
第2回役員会
平成29年6月
439.88MHz レピーター空中線制作作業  JA8CUH,JA8SKO
奉仕団巡視船 航行設備調整点検 (レーダー・GPS)
平成29年7月
北斗市木地挽山無線中継局点検作業 439.88MHz 移設作業
北斗市木地挽山無線中継局点検作業 1200MHz みちびき衛星関係
北海道無線赤十字奉仕団協議会 通信訓練 7MHz 23日予定
平成29年8月
新函館市地区400MHz帯電波実験 基地局JA8SKO
非常通信訓練(第1回) 他府県含む 日赤各県支部より通知分
平成29年9月
非常通信訓練(第2回) 他府県含む 日赤各県支部より通知分
平成29年10月
第4級アマチュア無線技士養成講習会 JRC予定 (7日~8日)
非常通信訓練(第3回) 他府県含む
平成29年11月
非常通信訓練(第4回) 他府県含む
平成30年1月
非常通信訓練(第5回) 他府県含む
平成30年3月
JARL海峡クラブと合同会議
第3回役員会

お知らせ

平成29年10月7日~8日
4級アマチュア無線技士養成課程講習会が開催されます。
詳しくは「こちら」の案内をご覧ください。